闇金相談 警察

闇金問題の相談は警察でもできる(最寄の警察署でOK)

闇金問題の相談ができるところは複数あります。

 

  • 警察(最寄の警察署でOK)
  • 法テラス
  • 司法書士(法務事務所)
  • 弁護士(法律事務所)

 

主なところは、この4カ所です。
警察に相談する場合は、最寄の警察署でかまいません。最寄りの警察署がわからない方は、ネットを使い、「(住んでいる)地域名+警察署」で検索してください。これで最寄りの警察署がわかるはずです。
直接行くのではなく、事前に電話を入れてからのほうがいいでしょう。闇金被害により詳しい刑事さんに相談したほうがいいからです。
担当部署は、生活保全課、または生活保安課になります。署によって、名前が異なるようです(詳しいことはわかりません)。
刑事さんが話しを聞いてくれるようであれば、事情を説明しましょう。
「○○という闇金からお金を借りてしまい、返済に困っています」
「複数の闇金からお金を借りてしまい、利息すら払えず困っています」
と切り出して、あとは流れで。
「被害者なのでなんとかしてほしい」「被害者なので助けてほしい」という話の持っていき方だと、「でも、闇金と知ってて借りたんでしょ?」とつっ込まれてしまいます。
「こちらも悪いのですが……もうどうにもならないので、なんとかお力を貸していただけないでしょうか」といった持っていき方のほうがいいでしょう。刑事さんも、「仕方がないな」と言いながらも、動いてくれるかもしれません。

 

ただし、「民事不介入」の原則があるため、積極的に動いてくれない場合もあるようです(最近は少ないようですが)。お金の貸し借りは民事なので、動きにくいわけです。
それでも、暴力や脅迫などをうけている場合は、すぐ、警察に相談してください。

 

暴力や脅迫などがなく、単に、「闇金からの借金が返せない」というようであれば、司法書士に相談しましょう。
司法書士に依頼すればすぐに動いてくれるので、闇金問題が早く解決します。

 

以下の司法書士のところに相談しましょう。闇金被害の相談は無料です。

 

ジャパンネット法務事務所 (無料の電話相談)
0120-758-685